蔦屋書店にて2冊購入

久々に紙の本を贖いき。

・吉田松陰190歳 一坂太郎著

  以前から気になっていた本。

未だ読みかけなりしが、

・松陰がこの世に生があった時代の話を短くまとめててわかりやすい。

・松陰死後に久坂玄瑞(=松陰の妹の旦那)が松陰を祀り上げた(とした一坂太郎の)説は知っていたが詳細知らなかった。どうやら、松陰を他の家中の人とのコミュニケーションの道具に使っていたらしい。松陰の遺墨などを配っていたよし。

・暦と時間の歴史 正宗聡著

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です